司会者

いろいろな役を順番にこなします。司会者も順番で、回ってきます。なかなか、日常生活の中で司会をするということはないように思われます。

その日の会の流れをスムーズに行えるか否か、楽しい時間と皆さんが感じられるか。など、責任重大です。

このサークルでは司会者のことを今日のトーストマスターと呼びます。トーストマスターとは、乾杯の音頭をとる人のことを言うそうです。

ということで、その日の雰囲気を作るムードメーカーということです。あと、それぞれのスピーチをされた方などにちょっとしたコメントやつなぎになるような言葉をかけます。うまく、相槌を打たなければ、調子が狂いますよね。

一度経験しますと、こんなに司会って難しいものなのだ。とびっくりします。テレビなどで、当たり前のように話している司会者がすばらしいと思えます。

そこで、このクラブでは、順番に担当して訓練します。もちろん最初から上手にしゃべることはできません。ベテランの方の話をじっくり見ていいところを真似します。

私も一回目は何が何だかという感じで終わってしまいましたが、今度はもっときれいに見られるよう皆さんの目を意識しながら話せるといいな~。などと、思っています。