初のスピーチ

入会したばかりの方から感想文を頂きました。ブログに載せてよいということで
さっそく皆さんで気持ちを共有できればと思っています。 2回に分けますので、
2日間続けてご覧ください。

例会休憩時間風景

私は昔から人前で話すことが苦手で、そういう場をなんとか避けながら生きてきました。しかし、年齢を重ねるにつれて仕事上の責任も増え、人前で話すことを避けては通れなくなってきています。

話す回数を重ねるごとに少しずつ慣れてはきましたが、つねに緊張していて、途中で何を話しているのか分からなくなることがあります。特に、取引先や会社の重役の前ではその傾向が強いようです。
そして、そのたびにまた今回もまともに話せなかった、言いたいことがうまく伝えられなかったと自責の念に苛まれていました。そんな時、決定的な出来事が起こります。取引先や競合他社まで参加する忘年会の席で、突然挨拶を頼まれました。体は硬直し、顔は引きつり、話の途中で頭の中が真っ白になり…。
出席者の憐憫のまなざしが、今でもはっきりと脳裏に焼き付いています。しばらくトラウマになっていましたが、周りの方の暖かい励ましで今では笑い話くらいに思っています。(今でも思い出すと恥ずかしくなりますけど…。)
しかし、このままではまずい。物事を正確に分かりやすく伝えることや、いろいろな場所でふさわしい話し方を身につける必要性を強く感じました。
そんな時、トーストマスターズ和語クラブのサイトを見つけたのです。

続きは明日書きます~~