第50回例会報告

11月5日17時15分から小野川交流センター一階会議室でつくば和語トーストマスターズクラブ第50回例会を行ないました。

第50回例会風景

忙しい中、見学の方3名を含め16名の方にお集り頂きました。直前の出席キャンセルが相次ぐ中、皆さまのご協力もあり開催することができました。急な依頼にも快く係を引き受けて頂いた皆様に感謝致します。また本日のトーストマスターは会の進行も大変だっと思います。お疲れさまでした。

今日の言葉は「わくわく」です。こちらも、係の方が遅れる中、候補を上げて頂き、その場で決まりました。

テーブルトピックスの前に、先日行われた日本語論評コンテストに出場されたHさんのご報告がありました。別記事でご自身の感想を掲載しております。短い時間で大変だったようですが、大変勉強になったとのことでした。今回の例会でも論評を担当されておりますが、コンテストの成果を発揮して頂けましたでしょうか。

今回のテーブルトピックスのテーマは「笑い」でした。ご自身がやられておられる「笑いヨガ」と日本の神事としての「笑い奉納」の伝統や、戦前から戦後に掛けて笑いが浸透してきた歴史を踏まえ、話題を振っておられました。

  • 欧米人に比べて日本人は笑いが少ないのではないか
  • 笑うのは女性に多く男性に少ない、笑いと寿命と関係はあるか
  • 今までに印象に残った笑い
  • 今までの笑いの感想についての感想

優秀テーブルトピック賞を取られたのは、初めての見学者の方でした。笑いは人生のエッセンスであり、周りにいい影響を与える、関西出身の自分としては突っ込みが無いのが物足りない、もっと関西の笑いを拡げて行ければ、とのお話の趣旨でした。短い時間で、とても良くまとまっていたと思います。

なぜかテーブルトピックスに指名された方は皆女性でした。やはり笑いの話題は女性の方が得意なのでしょうか。

テーブルトピックマスターは最後に次のような笑いの効能について話され締められました。

  • 認知症の予防
  • 鬱防止
  • 血糖値の改善
  • NK細胞の活性化

続いて準備スピーチです。準備スピーチのタイトルは次の4つです。

  • もうひとつの Hey Jude
  • Shall we ダンス?
  • 食べてみないと分からない
  • TPPと金融について

「もうひとつの Hey Jude」はビートルズの曲「Hey Jude」にまつわるお話でした。ご自身の思い出も絡ませて、チェコのビロード革命の際にマルタ・クビショヴァーによって、この歌が歌われた経緯について話されました。

レコード Hey Jude

「Shall we ダンス?」はダンスのお話かと思いきや、ダンスではなく断捨離のお話でした。断捨離とは、やましたひでこさんが提唱する「物を捨てることによってライフスタイルを変えていこう」という考えです。この考えを紹介し、ご自身で行なった体験を話されました。「大事なのは物ではなく、今を生きる自分と愛する人々との時間である」との結論には納得された方も多かったのではないでしょうか。

書籍 断捨離

「食べてみないと分からない」はフランスの食べ物に関してのお話しでした。美味しそうな料理の写真が連続するスピーチは、夕飯前の身には辛いものがありました。特にボリュームのある豪華な食事、デザートには圧倒されました。異国で出される料理は、まさに実際に頼んで食べてみないとわからないですね。

食べてみないと分からない デザート

「TPPと金融について」は生命保険についてのお話しでした。生命保険の保証額と実際に加入者に支払われる金額には大きな差があること、日本では老後の生活は公的な年金で賄われていること、TPPが法制度に守られた日本の生命保険業界と年金のあり方を考える機会になるのではないか、という内容でした。私の理解で合っておりますでしょうか??

休憩コミュニケーションタイムを挟んで論評セッション、続いて計時報告とえーとカウンター、今日の言葉報告、最後に受賞者の発表がありました。

総合論評は係の方は初めてということもあり、緊張されていたようですが、皆さまの協力もあってどうにか無事終えられました。何事も初めから上手く行ったりはしないものです。ここは練習の場ですので、気にせずどんどん失敗しましょう!

論評セッションでは、皆さんとても上手く纏められていました。スピーチのプロジェクト目的を述べられ、それを達成していたかどうか、良かった点、そして改善点についてきちんと網羅されて論評が構成されておりました。また見学者のかたで入会希望表明がありました。当サイトを見て来られた方なので、とても嬉しいです。

司会者と優秀者

例会後は韓国家庭料理店済州(ちぇじゅ)にて希望者で食事会を行ないました。

食事会風景

次回は忘年会を兼ねた特別例会となります。多くの方の参加をお待ちしています。もちろん特別例会でも見学者の方の参加は大歓迎です。

第50回例会報告」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。