第59回&60回例会報告

8月4日の第59回、9月1日の第60回の例会の報告をまとめていたします。更新が遅くなってすいません。。。

第59回例会(8月4日)

IMG_0518

真夏の熱い中、小野川交流センター会議室にて、第59回の例会は行われました。ゲスト1名を迎えて、夏の暑さに負けない熱気あふれる例会となりました。

今日の言葉は、「突然」。馴染みのある言葉ですので、多くの場で、「突然」を使っていただきました。

続きまして各係の役割の説明です。計時係、えーとカウンター、集計係について、担当者がそれぞれ説明します。

テーブルトピック「暑い夏」をテーマにして行われました。

・ 今年の夏休みの計画について
・ 暑い夏の楽しみ方について
・ 夏におすすめの食べ物・料理について
・ 夏バテ防止法について
・ 夏のイメージ・原風景について
・ オリンピックの注目競技あるいはこんな競技をオリンピックに入れて欲しい。

暑い夏からこの夏のホットな話題のロンドン・オリンピックまでカバーされた多彩なテーブルトピックとなりました。面白かったのは、過去のオリンピックで本当にあった競技として、綱引き、伝書鳩、障害物競泳、ピストル決闘、都市計画まであったそうです。

注目競技はとの質問に、「サッカー。ベスト4くらいに残ってくれれば」との話でしたけど、実際、蓋をあけてみれば、結果はしっかりとベスト4でしたね。

そして、準備スピーチの部です。

1) 「所得税の改正について」<CCプロジェクト2>
2) 「学ぶ喜び、真似る楽しさ」 <CCプロジェクト5>
3) 「あなたのまわりのGMO」 <CCプロジェクト7>
4) 「美人に見えるコツ」<CCプロジェクト9>

1人めのスピーカーは、今回の法改正で「特定支出控除制度」について、変更が加わったとのことで、それについて、分かりやすく説明していただきました。2人めのスピーカーは本人の剣道やトーストマスターズでの学ぶ経験、「守破離」という武道の学び方を通して、まずは教えを学んで、やがて少しずつ自分のアイデアを加えていき、やがて、自分のスタイルや形を作っていくくという話でした。3人目のスピーカーは、GMOについて、どれだけ生活の中に入り込んでいるということ、あるいは、GMOについて、いろいろな見方についてスピーチしてくださいました。4人目のスピーカーは、イラストを効果的に使いながらのスピーチです。相手を好きになること、相手に好意を持つことが自分を素敵に見せてくれるということをお話いただきました。

その後、論評セッションの部と続きます。

論評セッションは、各準備スピーチへの個人論評、計時報告、えーとカウンター報告、今日の言葉報告、総合論評と感想です。

論評の中では、説明的なスピーチの中に「個人として意見を入れてみては」との鋭い意見も出ました。

そして、いよいよ受賞者の発表です。おめでとうございます!
IMG_0521

無事に8月の素晴らしい例会も幕を閉じました。

第60回例会(9月1日)

9月1日の例会はまだまだ残暑が厳しい中。4人ものゲストにご参加いただき、17:15から小野川交流センターで開催しました。
IMG_0537

今日の言葉は、「多彩」。英語のクラブの今日の言葉の”Colorful”からヒントを得ての今日の言葉でした。

そして係の説明です。計時係り、えーとカウンター、集計係がそれぞれ役割について説明していきます。

テーブルトピックは、「9月」「秋」をテーマとして、質問をしていきます。

・ 秋になったら始めたいことについて
・ 9月といえば、何を思い浮かべますか?
・ 秋が来たなと感じるのはどのようなときでしょうか?
・ (9月2日宝くじの日にちなみまして)もし宝くじで1等賞が当たりましたら、どのように賞金を使いますか?
・ (9月12日宇宙の日にちなんで)もし宇宙に行けるのでしたら、何を見たいですか?
・ (敬老の日にちなんで)老人の方との思い出について

家族サービスやハーフマラソンへの挑戦などをしたいとのお話をされる方、夫婦そろって9月生まれで誕生日を大切にしていきたいとお話される方、宝くじがあたったら私設の天文台を作りたい、宇宙に行ったら宇宙一の美女と会ってみたい、敬老は日々の生活の中でいい関係を持つことではないかなど、突然の質問にも拘らず、バラエティに富んだスピーチをしていただきました。

引き続きまして、準備スピーチのセッションです。

1) 「犬も歩けば棒に当たる」(CCプロジェクト1)
2) 「心のブレーキ」(CCプロジェクト1)
3) 「70-108って健康?」(CCプロジェクト9)
4) 「思考は現実化する」(CCプロジェクト9)

CCプロジェクト1は、入会して最初のスピーチです。「アイスブレーカー」とまさしく氷を割るという意味で、自分自身について、話をするというプロジェクトです。CCプロジェクト9は、「パワフルな説得」です。理論と感情を使い分けてスピーチを構成し、さらに聞き手の関心に答える内容にするというものです。

1人めのスピーカーは、「犬もあるけば棒に当たる」のもともとの意味は「でしゃばる人は余計な災難にあう」という意味だったが、現在は「何かをまずやってみれば、何かが得られる」という意味になってきているとの興味深い話からはいり、自分の経験と決意をお話いただきました。2人めのスピーカーは、鎖につながれている小象、高さ5cmの透明なケースに入ってるノミの例を通して、「心のブレーキ」についてお話してくれました。最後に「小さく学んで大きく活かす」というスピーカーの好きな言葉を紹介してくれました。3人めのスピーカーは、タイトルから血圧の話と思いきや、骨密度についてのお話でした。BMD(Bone material density)とYAM(Young adult mean)という指標があること、骨密度を高めるために、太極拳、早朝ウォーキングが効果的だったことをお話しました。最後のスピーカーは、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」についてです。「思考」を選んでいくこと、なりたいことを強く思うことの大切さについて情熱的にお話しました。

休憩をはさみ、論評のセッションです。各準備スピーチへの個人論評、計時報告、えーとカウンター報告、今日の言葉報告と続きます。

個人論評では、まずはスピーカーの良い点を数点挙げた後に改善点を述べていくのが基本形です。これは、日常生活の中でも役立つスキルだと思います。いい論評では、スピーカーが自分では気が付かない良い点、改善点に触れていきます。この日は、声、構成、身振り、間(ま)など多くのことに触れていっています。改善点としては、スピーカーの話す速さ、スピーチの中に自身の体験や具体例を盛り込む大切さ、「その」などの言葉の使い方など、多くの有効な改善点が挙がっていました。

そして、今日の受賞者の発表です。テーブルトピック、論評、準備スピーチと発表が続いていきます。おめでとうございます。

IMG_0536

和やかで、ポジティブで前向きな雰囲気の中、今日もスピーチの技術をお互い磨き合ったいい例会となりました。お疲れさまです。