つくば和語トーストマスターズクラブチャーターセレモニーのご報告

3月23日のチャーターセレモニー。多くの方にも来て頂きました。

メンバーの1人のお花の先生がいけた素敵なお花、式典のバーナー、そして和語クラブのキャラクター「和語ちゃん」も素敵でした。また当日配布したプログラムもとても素晴らしいものでした。多くの方の協力で今回のセレモニーの準備が進められました。

DSC00436_RDSC00438_RDSC00437_R

チャーターセレモニー、パーティー、なごりの式典と3部構成で執り行いました。インや食事をいただきながら、和んだ雰囲気の中でセレモニーが進んで行きました。

D76ディストリクトガバナーからは、お祝いの言葉の後に、メンバー全員に、本部からチャーター賞というサプライズも有りました。

D76ディストリクト副ガバナーからは三笠TMCが50周年を迎えたとのお話がありました。中には47年続けている方(90歳近く)もいるようです。

司会の人から最近トーストマスターズのお陰で就職が決まったことを報告。クリアファイルでぱらぱらと自分をプレゼンしていくというユニークな自己紹介方法に感心。

DSC00439_R

長くクラブを続けているメンバーは、つくばのトーストマスターズの歴史について、スピーチをしました。1985年つくば博のときに、日本の研究者が世界で認めてもらうためにプレゼン技術の向上が必要だろうという使命感でつくばTMCが発足し、やがて日本語によるコミュニケーションとリーダーシップの技術を向上するという目的でつくば和語クラブが発足したということだそうです。

今回は、3人の方が準備スピーチをしました。

「1枚のジャケット」今回学校を卒業して、他の地方に引っ越すことになった人からのスピーチです。7年前につくばに来た時に買ったジャケットが、引越し作業のときに見つかり、その思い出、またこれからの決意についてお話しました。

「○○の街つくば」科学万博、研究学園都市、パン、CAFEの街と続いた後に、最後にトーストマスターズクラブの街とつくばを紹介しました。つくば市には茨城県の2つのトーストマスターズが両方ともあるということなのです。

「1年目を終えて」トーストマスターズを1年経験し、気づいたことをお話してくれました。準備スピーチは、「自分の癖を知って対応する」、論評は、「大人も褒めて育つ」などです。また様々な人と話す場として楽しんでいるということです。

テーブルトピックは
・ 6歳までに成功したこと
・ 小学生時代に成功したこと。
・ 中学時代に成功したこと。
・ 高校時代に成功したこと。
・ 20~30代に成功したこと。
・ 幸せを感じるトップ3
と、人生を振り返るテーブルトピックでした。

そして、音楽の時間。ピアノの先生をしているメンバーの見事な演奏。1曲めは、その曲が次第に、「ハッピーバースデー」の音楽へと変わります。ハッピーバースデーは、今回新たに生まれた「和語ちゃん」をお祝いしました。そして2曲目は「幸せなら手をたたこう」の替え歌をみんなで歌いました。

そして、いよいよ感謝の辞。クラブの会長からの挨拶。その会長の決意と長い努力の結果、やっとつくば和語クラブはチャーターしました。

これからもつくば和語トーストマスターズクラブをよろしくお願いします。

P1030021 (1)_R