第68回例会のご報告

IMAG0926

4月20日、小野川公民階で例会を行いました。この日はまた冬に戻ったみたいに寒かったですね~。

今日の言葉は「爽やか」でした。ゲストは4人でした。

テーブルトピックは考えさせられるちょっと深い話でした。
1) あなたにとって幸せとは何ですか?
2) いるのが当たり前だけどありがたい存在。どういうときにありがたいと感じるか?
3) 人生が充実して、自分が成長できたのはどういう瞬間があったからですか?
4) 子供のときの夢で成し遂げたものは何ですか?
5) 子供の時の夢が全て成就したとしたら、どんな1日になりますか?

幸せとは好きな人の笑顔と答えていただいた方。ショットバーで知り合った大学生を励ましたエピソード。トーストマスターズとの出会い。ゲームを作りたかったという夢など、いろいろおもしろいお話を聞かせて頂きました。

続いて準備スピーチです。

1人目のスピーチのタイトルは「艶と縁」というタイトルです。CCプロジェクト1「アイスブレーカー(最初のスピーチ)」です。中国出身のスピーカーによる自分の名前にまつわるエピソードを話してくださいました。例えば、発音が同じ漢字でも日本と中国では異なったりするので、はじめは自分を名前を中国語読みで発音していたけど、やがて日本語読みに変えたなどのエピソードは興味深かったです。

2人目のスピーチのタイトルは「人類の武器と鎖」です。CCプロジェクト2「スピーチの構成」です。海外の方による流暢な日本語スピーチです。最初に日本刀が出てきてびっくりしましたけど、この美しく危ない武器よりももっと危ない武器である「言葉」の持つ力についてです。言葉が話せない愛犬が亡くなったこと、言いたいことが言う前に亡くなった親戚のエピソードを通して、今すぐに人を幸せにし人を守る言葉を言うべきだと締めくくりました。感動的でした。

3人目のスピーチのタイトルは「アンコールワット」です。CCプロジェクト3「ポイントを押さえる」です。アンコールワットに昔行った思い出、妻の説得など行くまでの話、行ってからの景色・風景、また生活、収入、経済状態などについてスピーチしてくださいました。アンコールワットに、個人的にとても行きたくなりました。

4人目のスピーチのタイトルは「快適に空の旅を」です。CCプロジェクト6「言葉を生かせ」です。快適に飛行機に乗るためのアドバイスを、席の選び方、列の並び方(荷物検査、出国審査、搭乗)、映画の楽しみ方について、彼ならではのアドバイスをスピーチしました。

5人目のスピーチのタイトルは「もっとも実用的な心理学」です。行動分析学について、ワトソンの行動主義、スキナーの新行動主義についてわかりやすく説明してくれました。その中で、オペラント条件付けについてとてもよく理解することができました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%A5%E3%81%91

そしていよいよ論評です。

メモを見ないでスピーチをすることへの勇気・大切さ、間も取り方や声のトーンを変えることなど、様々なアドバイスがありました。

そして受賞者の発表。テーブルトピックは、幸せは好きな人の笑顔です、と明るく答えた方に。論評はスピーチについて、他の人が気づかなった良い点たくさんたくさん称賛した方に。そしてベスト準備スピーチは今日アイスブレークの方に決まりました。おめでとうございます。

IMAG0924

最後に今日最後のメンバーの方が北海道に着任後にもかかわらず、遊びに来てくれました。彼の一言「ハンカチと問いて、思いでと解く。その心は、、、、両方とも胸にたたんでおきます」