第70回例会のご報告

6月1日の例会はまずは2人の入会があり、ゲストも5人参加していただきました。この日は、新メンバーの約束とクラブメンバーの約束を全員で読み上げることに初挑戦しました。

IMG_0089_R

今日の言葉は「燃える」。「情熱が燃える」など比喩表現で使える言葉です。多くの方に使ってもらいました。

テーブルトピックの議題は、ベテランのNさんが会話をしながら、
① 水はどのように役立っているか?
② ロマンを感じる惑星は?
③ 太陽光電池をなぜ導入していないか?
④ 電気をもし使い放題にできたら、何をしたい?
⑤ 地球の内側に潜ったり海に潜ったりできたら、何をしたい?
⑥ 小さくなって身体の中のどこをみたいか?

ロマンを感じる惑星という問いには「燃え盛る太陽」、他の質問には「冒険は嫌です」と答えたりそれぞれユニークな解答をしてくれました。

そして次は準備スピーチ。4人がスピーチしました。

1人めは「角度を変えて」(CCマニュアル#2 スピーチの構成)。

http://uru.chu.jp/wp/etc/493/ の最初のだまし絵をはじめに紹介した後、角度を変えて物事を見る大切さについて、2つの例を取り上げました。1つは「育児ではなく、育自」。子育てを通して自分を成長したり、1人でできないことに挑戦したり、人としての枠を拡げたりできます。もう一つは「危機は転機」。手足麻痺で言葉さえ発することができない天畠大輔さんが大学に進学した例を出してながら、危機でも決して諦めない大切さをお話してくれました。

天畠さんのHPです。http://www.arsvi.com/w/td01.htm

2人目のスピーチは「?=ご飯一杯分」(CCマニュアル#3ポイントを押さえる)。会社に入社して歓迎会など飲み食いの機会が増え、体重が増え、体脂肪も増え、、、やっと自分が太ったという事実を認め、その理由はお酒を夜中に飲んでいること、お酒一杯が250kcalでご飯一杯と同じだと気づいたところまで、コミカルにテンポよくスピーチしてくれました。

3人めのスピーチは「マネジメントのスピーチ」(プロジェクト#2 マネジメントのスピーチ)。マネジメントのスピートとして①情報共有してアドバイスしない。例えば、勉強しなさいというのではなく、勉強したくなるような情報を伝えて本人に決断させる。②簡単に言う・話す。③相手を褒めて情報を共有化する。以上のポイントを踏まえて、ロールプレイを見せてくれました。今回はトーストマスターズのスピーチについてですが、マニュアルの見方など参考になる点が多かったです。

4人めのスピーチは「断捨離?捨てないで~??」(CCマニュアル#10聞き手を奮い立たせる」。断捨離について実施しているスピーカー。最近亡くなったお母様の桐たんすを断捨離で捨てようとしたところ、捨てることができず、水平思考が働き、別の使い道に活用することができた。という実例を挙げて、で、そういったことをいろいろな場面(夕食の余りを朝食にまったく違う料理で出す)で応用している例を出してくれました。あまった餃子が洋風スープになったり、面白かったです。最後は、「断捨離」から「離再来」(リサイクル)と、締めくくりました。

そして、論評です。テーブルトピックについて、トピックが答えにくい場合は、トピックを「変えてみる」「ひねってみる」など、日常生活でも役立ちそうな方法が出て来ました。またスピーチを聞くのに「株主総会」はいいですよ、というのも面白い視点でした。他のアドバイスとしては、序論・本論・結論について、最初からパーツパーツで分けて準備をしていくという方法について、参考になりました。

そして、いろいろ受賞者の発表。おめでとうございます!

IMG_0091_R

時期の役員もこの日に決まりました。新しい役員のもとこれから1年ますます和語クラブが盛り上がるよう皆さん応援してください!