第77回例会(2013.9.21)の報告

9月第2回目の例会は、20人が参加して行われました。

IMG_1295

今日の言葉は「明らかに」です。今回は、つくば和語TMが始まる前に同じ会場で行われている筑波TMでの言葉と同じものだったのですが、両方に参加された方、英語と日本語どちらが使いやすかったでしょうか?

 

人生は選択の連続です。(by テーブルトピックマスター)…ということで、今日のテーブルトピックのテーマは「選択」でした。

・これから住むとしたら田舎?それとも都会?

・給料が安いが人間関係が良い職場?それとも給料は高いがとんでもない上司がいる職場?

・やられたら倍返し?それとも自分の中でとどめる?

・これまでの人生における究極の選択は?

スピーカーの方は、指名された後も結構悩まれている方が多いようでした。最優秀テーブルトピック賞に選ばれたスピーカーは、4番目の質問に対して「結婚相手を決めたこと」と答えており、誠実な人を直感で見極めることの大変さを話されていました。

 

今日の準備スピーチは、3題でした。

1人目は「勉強の社会で生き残る方法」プロジェクトCC#4表現方法です。日本語を母語としないスピーカーは日本語上達を兼ねて最近「知的財産管理技能士」の資格をとられたそうです(おめでとうございます!!)。その時の勉強をもとに、「どうすれば点数をとれるのか」についてパワーポイントを効果的に使い具体的にお話してくれました。

2人目は「ぶつかる!」プロジェクトCC#5ボディランゲージです。どうやったら人とぶつからないで歩くことが出来るか、ぶつかり方を分類しながらその対応法を説明してくれました。

3人目は「タイ:伝統と開発の狭間で」プロジェクトCC#6ボーカルバラエティです。先日仕事でタイに出張されたスピーカー、美しい写真を用いながらタイの建物についてお話されました。タイの官公庁の建物やホテルではタイの寺院をモチーフとしたものが多いのだそうですが、それにより冷房のコストが上がるという問題も抱えているのだそうです。

この後、来週行われるスピーチコンテストでつくば和語TM代表として出場されるメンバー二人のほら吹きスピーチがおこなわれました。

論評セッションです。今日もスピーチの参考になる論評が行われました。いくつかご紹介します。

(テーブルトピックにおいて)具体例をあげるなどもう少し展開があると良かった。

スピーチでの内容が具体的で良かった。

アイコンタクトを行うとき、コンタクトする相手に言葉を投げかけるようにして行うとよい。

声の強弱やトーンを変えての表現がインパクトがあってよい。

 

今日の受賞者とトーストマスターです。おめでとうございます!

IMG_1296

エリアコンテストがいよいよ来週末に開催されます。楽しみですね!