第81回例会(2013.11.16)の報告

11月16日例会は、15人と少ない人数での例会でした。そんな中今日の言葉は

「満ち溢れる」でした。参加者は少なめでしたが、この日の例会も熱意とユーモアに“満ち溢れた”クラブの皆さんが多いに盛り上げてくださいました!

今日のテーブルトピックは、「日本の素晴らしいもの」についてでした。

Ÿ   コンビニで良く買うもの

Ÿ   カーナビ無しで知らない道に行く場合どうするか

Ÿ   自宅で行っている改善活動

Ÿ   行政機関で失敗したこと

Ÿ   日本は昔と比べて綺麗になったのか

外国出身であるテーブルトピックマスターが選んだ今回のテーマは、日本に住んでいると気付かないような視点ばかりで、とてもワクワクするテーブルトピックとなりました。

その中でも4番目の質問に対しスピーカーは、入国審査で審査官に笑顔をもらえるとその国の印象が良くなると体験談を話した上で、我々も外国人に対するサービスは大切にしたいと締めくくりました。

今日の準備スピーチは4題です。

1人目は「アートセラピー入門」プロジェクトはCC#3“ポイントをおさえる”です。絵を描いている間にストレスが発散されていることに気付いたスピーカーが、絵を描くことと心のケアとの関係を中心に話を進めました。スピーチの結びには、「今の日本人は幸せだが、たくさんの問題を抱えている。3.11震災で今尚仮設に住んでいる子供達はどんな絵を描くのだろうか」という問いかけをされました。

2人目は「やば!まだタイトルも決まってないよ。。。」プロジェクトはCC#6“ボーカルバラエティ”です。「タイトルの通りです」とスピーチの準備が出来ていない近況を話したスピーカーは、そんな時どうすればよいのかを5箇条にして提案してくれました。その時の時間軸に沿ってスピーチが展開され、スピーカーの緊迫した状況が伝わるようなユニークなスピーチでした。

3人目は「知らなくて良いことを知ってしまう知識」プロジェクトはAC“情報を伝えるために話す”です。Facebookで筒抜けになる個人情報や、グーグルアカウントでの閲覧履歴、webサービス同士の連携等、web時代における危険性を訴えたうえで、その予防策を話してくれました。インターネットの利用で生活が便利になった分、その陰に潜んでいる危険性をしっかり認識させられたスピーチでした。

4人目は「人気のお土産」プロジェクトはCC#6“ボーカルバラエティ”です。スピーカーが仕事や旅行で各地に行く際にお土産に悩んでしまうというお話でした。そこでスピーカーは、各地の人気のお土産をインターネットで調べるも、ランキング上位にはお土産とは関係のないものが入るなどしてお土産選びに四苦八苦した体験を話されました。台湾の人に人気がある日本のお土産は、正露丸、ルル、ジャガポックル(スナック菓子)だそうです。それを聞いた皆さんは驚いた様子でした。

続いて論評セッションです。論評者からは、スピーチの中で落語的な間が魅力的だったという評価や、事前にスピーチで使う道具を準備したことについて段取りが良いという評価がありました。またスピーチの中で同じ言葉は複数回使用しないほうが良いといったアドバイスや、スピーチは消極的なイメージで終わらせず、ポジティブなイメージで終わらせたほうが良いといったアドバイスがありました。

今日の受賞者とトーストマスターです。おめでとうございます!

a 001

(今回の例会報告はK.A.さんにしていただきました。ありがとうございました!)