第85回例会(2014.1.18)の報告

今日の言葉は感銘(肝銘)

準備スピーチは4つ、アイスブレーカースピーチから始まりました。これは、クラブに入ったばかりの新人さんが、メンバーの前で初めてする自己紹介のスピーチです。今日の新人さん、初めてとは思えないくらい堂々とご自分がどれくらいお酒を飲むのが好きか、というお話をしていました。笑顔も絶やさずとてもわかりやすいお話の仕方で、聞いている私も安心して彼女の彼氏、”お酒“での経験談などを楽しみました。

二人目のスピーカーはご自分の研究の内容を一般の人がわかるようにと、分かりやすいようにデモンストレーションを取りいれたり、実体験などをスピーチに組み入れた二酸化炭素とメタンガスの話でした。研究者の方々は難しい事をいつも考え、日々研究をしている。。。とても感心と勉強させられる内容でした。

三人目のスピーカーは外国の方でした。いつも彼女の日本語とスピーチには感心させられます。私は個人的に彼女のスピーチを聞くのを楽しみにしています。今日も私の期待を裏切らず、素晴らしい日本語での、パワフルでユニークなスピーチで、日本語の勉強にもなりました。最後には、島倉千代子の“人生いろいろ“という歌まで披露し、聞いている私たちの心を一気に掴んだ、って感じでしたね。流石でした。

最後のスピーチは、彼の読んだ本とスティーブジョブの話でした。本の内容は、ある男が、日の出から日の入りまでに歩いた土地を格安で手に入れる事でできる村に行き、太陽に向かってどんどん歩いて、最後には日没近くになって命を落としてしまった、という話で、スティーブジョブは自分の夢に向かってどんどん進んでいき、最後はすい臓がんで亡くなってしまった。と、二人の男の生き方をとても分かりやすく具体的に紹介していました。“夢に向かって勝負をかける。”というセリフがとても印象的な、スピーチが終了しても、彼のスピーチについてもっと考えたい、なるほどな、と思いたくなるような素晴らしいものでした。

今日もやっぱり来てよかった、勉強になった、と思える例会でした。

本日のトーストマスターと受賞者の皆さんです。受賞者の方、おめでとうございます!

CIMG2402

[今回の文章はKさんに書いていただきました。どうもありがとうございました。O]