第101回(H26.9.6)例会報告

例年ならば「残暑厳しい・・・」と言いたい時期ですが、今夏は涼やかな日が続いています。

さて、そんな9月最初の例会の報告です。

まず冒頭に、3つのスペシャルなことがありました。

  1. DCPが7ポイントになったため、Select Distinguished Clubに。Good News!
  2. 次に、Rさんの新会員の入会式。新しい仲間がまた一人増えました!
  3. そして、久々に出席されたSさんのご挨拶。お元気な様子に、皆安心しました!

更に、今日は、Tさんによる教育プレゼンテーション(Creating an Introduction)がありました。スピーカーを紹介する際、司会者として注意するべき点が、トーストマスターズの“The Better Speaker Series”というテキストから、わかりやすくパワーポイントを使って述べられました。

「スピーカーより偉そうにしてはいけない。スピーカーに聴衆を引き付けるようすることが役目。」「必要以上にスピーカーの期待をかき立てない」「お決まりのフレーズに頼らない」等々。また、スピーカーも紹介してもらう側として「スピーチに関する情報を司会者に伝えておくことが必要」。Tさんが参加されたトーストマスターズ世界大会では、スピーカーの紹介をとても上手にされていたそうです。どれもすぐさま、役に立つことばかり。今後役立てたいです。

 

さて次に、「今日の言葉」は「継続」です。何回位使えるでしょうか。

 

さあ、準備スピーチに参ります。今日はちょっと少なめの2名です。

最初のスピーチは、「パスポートを持って出かけてみようよ!」。

特色のあるスピーチ、気持ちを高揚させるがテーマです。

Kさんにとって、この8月はトーストマスターズ人生で一番辛い一ケ月でもあり、最高の一ケ月でもありました。Kさんは、“横浜馬車道トーストマスターズクラブ(上級者クラブ)”にも所属されていて、その活動が大変大忙しだったのです。“マレーシアの世界大会の準備”、“合同例会の準備スピーチ”、そして“台湾ジャパンナイト”というイベントの企画。震災直後に台湾全国大会に招待され、厚いおもてなしを受けたことへの恩返しをマレーシアでしたい思いが叶ったのです。国際本部会長のYenさんにも声を掛けると、何と多忙な中来てくださり、盛大なパーティーとなって、最高の思い出ができたそうです。つくば和語だけでも十分楽しい。しかし「トーストマスターズでいること」と「パスポート」、そして一歩を踏み出す「勇気」さえあれば、もっと良い思い出やと友人を作ることができますよ!という、Kさんのメッセージでした。私たちメンバーの知らないところでの大変な活躍が伝わりました。

 

2番目のスピーチタイトルは、「プロジェクトX」。

情報を提供する、現状報告のスピーチ、というのが主なテーマとなります。

♪風の中のすばる~ 砂の中の銀河~

と、Iさんの歌声から始まり、皆の中からクスクスッと面白さを堪える笑い声。一体何のプロジェクトの話が始まるの?その内容は・・・「Y子さんの婚活プロジェクト」! 初めにIさんによく似た、いや、そっくり、いえ、まるでご本人?の「Y子さん」と言う方の、黒の目張りつきではありましたが、美しいお見合い写真がプロジェクターに登場。結婚相談所等に入会され、その具体的な種類や掛かった費用を説明。入会後、マッチングされて、お相手がOKでもY子さんはNOだったり、またその反対も続いてしまったり。時には不安に駆られ、霊能者と呼ばれる人のところへ行ったり、成田山へ出会いのお願いをしに行ったり。ついにはネット婚活サイトにもトライ!そこでめでたく、伴侶となる方に出会えたそうです。(拍手)そこで、今後婚活する方へのアドバイスにも似た教訓(?) を、披露されました。

  1. 40代婚活はなりふりかまわず。②占いは信じず③神頼みは忘れず④条件はつけずに

結婚後は、トーストマスターズので鍛えた「ほめほめ」スキルで、旦那様を立てて結婚生活に臨む決意を最後に述べられました。素敵なご夫婦に!Y子さん?いやIさん、ご結婚おめでとうございます!

 

続いてテーブルトピックです。

テーマは、今日のテーブルトピックマスターTさんの会社での「朝の1分間スピーチで話題になったこと」です。出された質問は4つとそれぞれのスピーチです。

1番目は、「交通機関の裏技」。

→ TXの終電に間に合わない時は、東京駅から12:30に出るつくば行きのバスに、3回分回数券で乗るのがTXより安いし、必ず座れて、夜景付きでお得だということです。

2番目は、「あの有名なアレが我が家に!」

→ 今流行りのルンバ(ロボット掃除機)がスピーカーのご実家で買われたそうです。何と、このルンバ、物にぶつかると「痛い!」など、関西弁でしゃべるそうです。

3番目は、「日本では知られていないけれど、とてもブームなもの」。

→ スピーカーのお国、ベトナムでは、“シクロ”という、三輪自転車を逆向きにしたような乗り物がたくさん走っているそうです。

4番目は、「子どもたちに将来に渡って伝えたいこと」。

→ 自分で作ったものは自分で治す。スピーカーのご自分の実体験から発せられた内容でした。

 

そして、最後に論評セッションです。

教育プレゼンテーションには、

「表現が英文テキストの直訳でなく、表現豊かな日本語訳がとても良かった。」

「こういうタイプのプレゼンは、眠くなることが多いが、今日はそういうことがなく聞けた。」

という論評でした。

準備スピーチに対して、

「“~出かけようよ!”というタイトルから既に気持ちが高揚し、聴衆の気持ちを動かされる。」「東日本大震災の時、手厚いおもてなしを受けたという部分では感動させられた。」

「先日のユーモアスピーチのような面白さがあった。」「活動実績を述べるだけでなく、今後課題もスピーチされたところが良かった。」

という評価がありました。

テーブルトピックについては、

「具体的な数字を挙げて、手を使って、バスのメリットを良く説明された。」「ボーカルバラエティーがきちんとできていた。」「ベトナムにたくさんある“シクロ”という乗り物を教えてもらって良かった。」「子どもたちに残す、重く深い言葉であった。」

というそれぞれ、即興にも関わらず、貴重なスピーチでした。

 

最後に、本日をもって退会されるメンバーのお別れ会を行いました。

退会されるSさんのスピーチと花束贈呈。お元気そうで、現在ご活躍なさっていて、お忙しくされての退会でした。いつでも、つくば和語に遊びにいらしてください!いつでもドアは開いています。そんな温かな雰囲気の拍手と共に、101回の例会のお開きとなりました。