第103回(H26.10.4)例会報告

今日は、年に一度の土浦全国花火大会のため、例会の参加人数は少なめの10名でした。

会長からの開会の挨拶後、ベテランのTさんにバトンタッチされ、係の説明と今日の言葉の発表から本編スタートです。

今日の言葉は「ほんのり」。今日の例会にふさわしい言葉だと思いました。

人数の関係で、準備スピーチ、テープルトピックス寸評、スピーチ論評など、例会の各担当を参加者が兼務して勤めました。

テープルトピックスの司会は、会長のKさんです。

10月に関する5つのテーマが出されました。

  1. 土浦花火大会は、日本の三大花火大会の一つであるが、「三大」が好きな日本人ということで、みなさんにとっての「三大」と言えば・・・?
  2. 10月に入ったが、あなたにとって秋の気配とは・・・?
  3. 10月は晴れる日が多いけれども、雨の日のおすすめは・・・?
  4. 10月はスポーツの秋と言われるが、あなたにとってのスポーツと言えば・・・?
  5. 10月と言えば、競馬を楽しむ人がいる。あなたにとってギャンブルは・・・?
  6. 10月は、世界の各国で祭日があるが、中国の「国慶節」は・・・?

指名された皆さんはそれぞれが自分自身の経験を踏まえたり独創的な回答をされていて、指名されなかった人にとっても楽しい時間だったのではないかと思います。

準備スピーチは2人でした。

1人目のTさんのタイトルは「水を飲もう」。

水を飲むことによって、体の代謝を促進するだけではなく、食事前にコップ一杯の水を飲むと、食欲を抑えられ、ダイエット効果があるとお話されました。とても分かりやすいスピーチでした。

2人目のNさんのタイトルは「和語クラブ会員獲得作戦 3本の矢」。

教育担当のNさんが、和語クラブを楽しみにしてもらえるように作戦を考えて下さり、3つのアイディアを示して聞き手に興味を起こさせる楽しいスピーチでした。

そして・・・Nさんが見事! 今回のベストスピーチ賞を受賞しました。

続いて、Division Cコンテストに出場されるMさんのリハーサル(練習)スピーチが行われました。

クラブコンテストから若干内容を変更されたとのこと。

今日は体調が万全ではないというMさんでしたが、次のコンテストに向けて頑張っている様子が伝わりました。

スピーチタイトル「パニック電車」は何度聞いても面白く、ユーモアが溢れる楽しいスピーチでした。

今日は体調がすぐれないとのことでしたが、本番の10月13日には、ぜひ実力を発揮して頑張ってほしいです。

例会後半は、論評のセッションです。

まず、テープルトピックス寸評のKさんから。

テープルトピックスについて皆さんのスピーチの特徴をしっかり捉え、ポイントを押さえたクリアな論評を展開されました。

続いて、準備スピーチに対する論評です。

論評者は、スピーチの良さ、入り方、構成、目標達成についていくつかの良い点を挙げて、更に説得力のあるスピーチになるための改善点もしっかりアドバイスしました。

そして、今日の総合論評を初挑戦するのは・・・このブログを書いている私でした。

論評を担当してみて感じたことは、例会全体をきめ細かに論評するために、どのポイントをみなければならないのか難しかったということです、またチャレンジしてみたいです。

そして最後に受賞者の発表。

最優秀テープルトピックス賞はTさん、最優秀論評賞はKさん、最優秀スピーチ賞はNさんです。

今日の例会ではベテランのTさんがしっかりした司会を務めてくださり、安定感があり、そして終始和やかな雰囲気で進行してくださいました。

参加人数は少なめの例会でしたが、楽しく、充実した内容であったと思います。