第116回(H27.4.18)例会報告

今日の例会は、新入会のお二人のアイスブレーク(自己紹介を兼ねたスピーチ)がありました。なかなか興味深い経験?過去?をお持ちのようで、次回のスピーチが待ち遠しいです。

さて、今日は「私にとってのスピーチとは?」について考えてみることにしました。

所謂「スピーチ」と聞くと、会議でのプレゼンテーションやフォーマルな席でのかしこまった挨拶を想像する方が多いのではないでしょうか?私にとってスピーチとは、自分の頭の中にある私が伝えたいこと、相手が聞きたいことを「言葉」で伝えることです。

日本語でも英語でも中国語でも手段としての言語の前に、スピーチの根っこである「(私が、相手が)伝えたいこと、聞きたいこと」を意識して話しているか?と問われると、案外、だらだらと話していることが多いものです。特に、母国語はこれが怖い!ぺらぺらしゃべった結局、最後は、本人が「あれ、何の話しだっけ(笑)」というオチ付きです。

私がつくば和語トーストマスターズに入会した理由は、日本語を伝達言語として、スピーチの根っこである「(私が、相手が)伝えたいこと、聞きたいこと」を話すことを身に付けたいと思ったからです。お話し会にならないように、マニュアルに指定された行動目標(すばらしいスピーチに含まれている要素が各課題にちりばめられています。)に添って、決まった時間内に話すというスタイルが魅力的でした。どんな課題なの?すばらしいスピーチの要素って?!と興味を持った方は是非、見学にいらしてください。見学にいらしゃったからといって、強引な勧誘は行いませんのでどうぞご安心ください(←かえって不安かしら・・・)。

芽吹き会員は、主婦、会社員、研究者、海外からお仕事や学業のためにいらした方等々・・・様々です。多様な人がいるからこそ、スピーチの内容はわかりやすく、伝えるための工夫がなされていて聞いているだけでも楽しいですよ。インド人もびっくりです!

5月は木々が芽吹き、新緑の美しい季節です。皆さんも、自分の中に新しい芽を吹かせてみませんか?

次回例会は、5月2日(土)17:15からです。 会員Tでした。