第186回(H30.4.21)

第186回(H30.4.21)
第186回例会のご報告です。この日は4時よりパスウェイズ説明会がありました。
司会は直前に引き受けてくださったKさん。いつもの明るい雰囲気で盛り上げてくださいました。今日の言葉はIさん、ゴールデンウィークにちなんで「お金」でした。
テーブルトピックマスターはUさん。「現代に活かしたいキャラクターは」「漢字一文字で自分を表すと」「タイムマシンで一往復だけできるとしたらどの時代に行くか」などなど、ユニークかつ、回答者を限定しない素晴らしい質問を多く用意してくださいました。
準備スピーチは今回も4名も参加してくださいました。1人目はTさん 楽しませるスピーカー#2「橋をかけたい」最初にちょうどその日に起こったトラブルの話から、自己開示をテーマにしたスピーチでした。2人目はNさん ユーモアのあるスピーチ#3 ご自身のお名前をかけたひねりあるタイトルで、こちらもある意味勇気をもって自己開示した、トラブルにあったお話しでした。3人目はHさん CC#3「ゆらめく炎の向こうに」の素敵なタイトルで、キャンプ、そして焚き火や炎のもつ不思議な魅力についてお話しされました。4人目はMさん「待ちに待った入園式」3人のお子さんのお父さんであるMさん、上の二人のお兄ちゃんの入園式のときと末っ子のお嬢さんの待ちに待った入園式の様子についてスピーチされました。
ベストテーブルトピック賞は、「法律に触れたとしても一度だけやってみたいことは」の質問に答えたLさん、「一人では行きたくない場所」に答えたI、ベスト論評賞も、、ありがとうございます。最優秀準備スピーチ賞は、焚き火と炎の魅力をスピーチされたHさんでした。ベテランメンバーのMさんが言ったような「良いスピーチはアクションを起こさせる」のとおり、聞き手も焚き火をしたくなるスピーチでした。
おめでとうございます!

186