第291回例会 令和5年1月7日(土)

つくば和語 トーストマスターズ クラブ 第291回例会

今日の四字熟語: 温故知新

今日の言葉 : 福

テーブルトピックマスターが出すお題に1~2分で即興で答えるテーブルトピックスがあります。
テーブルトピックはお正月をテーマとした内容でした。

日本語で人前でスピーチの練習ができますし、今はZOOMで気軽に参加ができます。
つくば周辺の方もそれ以外の地域の方でも大歓迎です。
見学はもちろん大歓迎ですので上部バナーから参加申し込みいただけますとうれしいです。

次回例会は オンライン 令和5年(2023年)1月21日 (土) 17:00 ~ 19:00 です。

広告

第290回例会 令和4年12月17日(土)

今回の例会は参加者が少ないので、文法係、えーとカウンター、集計係と複数の役割を兼ねた何でも係ができてその何でも係の方の奮闘により楽しい例会となりました。

今日の四字熟語は獅子奮迅
ライオンが奮い立って盲信するような激しい勢いで活動を知ること

今日の言葉 : 冴える
寒さが極まって透明感が醸し出された状態

テーブルトピックマスターが出すお題に1~2分で即興で答えるテーブルトピックスがあります。
テーブルトピックは各年の今年の漢字がお題となりました。

とくに「安」という言葉の時、大きい出来事は何回も何回も繰り返し起きているので、そういった場面に出くわしながらも獅子奮迅の活躍を一人一人してきた。
来年は安という字がいい意味になればいいといったスピーチがとても心に残りました。

準備スピーチも犬との生活をテーマにしたもの、つくば和語の歴史をテーマにしたもの、周囲の人や自身の健康がテーマになっているものなどバラエティーに富んだ内容でした。

日本語で人前でスピーチの練習ができますし、今はZOOMで気軽に参加ができます。
つくば周辺の方もそれ以外の地域の方でも大歓迎です。
つくば和語の広報も実は住んでいるところはつくばから離れています。
見学はもちろん大歓迎ですので上部バナーから参加申し込みいただけますとうれしいです。

次回例会は オンライン 2023年1月7日 (土) 17:00 ~ 19:00 です。

第286回例会 令和4年10月15日(土)

17:00-19:00

第286回例会 令和4年10月15日(土)

西宮TMCから1名、三島TMCから1名ゲスト参加していただきました。

カブトムシが亡くなると秋だなーと感じるという言葉から始まった例会でした。

今日の四字熟語は周章狼狽(しゅうしょうろうばい)
「予期しなかったことが起こり慌てふためくこと」です。

今日の言葉は平和

テーブルトピックマスターが出すお題に1~2分で即興で答えるテーブルトピックスがあります。

神宮の樹木伐採から、木を切ることについてというお題では、話し合うことが大切、旅行キャンペーンで生きたいところというお題では彦根という話題からひこにゃんグッズを買い占めた話だったり、あなたの周章狼狽した事件というお題では中学生の時に購買委員長をやっていて、発表の時、待っている時、ドキドキしていたので、トーストマスターでは面白く笑っていけるようにするといった内容で締めくくられました。

メインのスピーチ、1人目は「メンティーとは」というタイトル
「メンティーとして、つくば和語に出るときはみんなから盗もうとしている」という始まりでした。
例会に出ていない時、例会で見た斬新な発送を思うことがある、温かい言葉や前向きなフィードバックを得てポジティブになる、自分が変化するといった言葉で締めくくられました。

2人目のスピーチは「オンライン音声(おんせい)視配(めくばり)」で象だゾウの歌を使ってどういうスピーチがしやすいか、聞き取りやすいかなどいつもとは違った視点からオンライン例会でのスピーチの仕方を学べる内容でした。

3人目のスピーチはビジネスプレゼンテーションについてで、7分のスピーチ後に聴衆が質問をしてそれにこたえる内容でした。
普段、ビジネスプレゼンテーションってどんなものといった内容もあり、する人もしない人もどちらも楽しめるスピーチでした。

今回はほかのトーストマスターズの方からの論評が聞けるとてもいい機会でした。

次回例会は オンライン 11月5日 (土) 17:00 ~ 19:00 です。

第281回例会 令和4年8月6日(土)

16:00-18:00

2022年8月6日(土) 例会

今日のゲストは西宮TMCからMさん、筑波TMCのMさんと最近よくゲスト参加していただいている神楽坂TMCのHさんでした。

本日の四字熟語は「櫛風沐雨(しっぷうもくう)」風雨にさらされながら、苦労して働くこと。また、世の中のさまざまな辛苦にさらされることのたとえ。

今日の言葉は「ほめる」で例会が始まりました。

Kさんによるテーブルトピックは夏に関することでした。

避暑地、行ってみたいところというお題に対し、神楽坂TMCのHさんの締めの言葉が「旅行に行く前に妄想する、妄想族だ」という面白いスピーチでした。

8/5はパピコの日でアイスにまつわる話というお題に対してKさんが小豆が大好きで小豆バーを買っていたが、最近あずきモナカに浮気をしてそれ以来ずきモナカにハマっているスピーチ

この時期に食べたい、よく食べているフルーツというお題でRさんが台湾の美味しいマンゴーのスピーチでかき氷にしてもおいしいといったプチ情報が混ざったスピーチでした。

1番目のスピーチはOさんの「愛国心は何処へ」で経済的な目線から映画の興行収入、youtube再生回数などを盛り込んで海外にでると日本の良さがわかるといった内容で締めくくったスピーチでした。

2番目のスピーチはTさんの「(仮)必要なことはトーストマスターに聞け」で山の会のトラブルからその立て直しまでのエピソードでした。
トーストマスターズのようなマニュアルや少数の役員で会を進められるところなどを交え「必要なことはトーストマスターに聞け」という内容で締めくくったスピーチでした。

3番目のスピーチは筑波TMCのMさんの「頭がこんがらがるアジリティ」で一般的なアジリティは状況に合わせて経営を機敏に変えるですが、今回はドックスポーツの方でした。
アジリティの紹介から始めり、「アジリティはドックスポーツというが人間のスポーツ」である、また「段取り力」という内容で締めくくったスピーチでした。

論評ではゲストの西宮TMCのMさんも参加されほかのトーストマスターズの方からの論評が聞けるとてもいい機会でした。

次回例会は オンライン 8月21日 (土) 17:15 ~ 19:15 です。

第280回例会 令和4年7月16日(土)

17:00-19:15

2022年7月16日(土) 例会

今回のゲストは 鹿児島TMCからCさん、三島TMCからSさん、松本TMCからHさんが参加してくださいました。
他のTMCからゲスト参加して交流ができるもの今回のゲストは 鹿児島TMCからTさん、三島TMCからSさん、松本TMCからHさんが参加してくださいました。
他のTMCからゲスト参加して交流ができるのも、つくば和語トーストマスターズ醍醐味です。

テーブルトピックスはMさんで「夏の話」
特に印象的だったのがHさんのみんな長野は軽井沢のイメージで涼しいと思っているが、Hさんの住んでいるところは暑い、Sさんの学生時代バレー部なのに日に焼けていた方が強いという顧問がいた、Zさんのベトナムの夏は日本より涼しいというエピソードです。

1番目のスピーチはKさんの「心の知能について」というタイトルでネガティブな出来事も心の知能を使うことでポジティブなことへ変えることができるという内容を料理の際に、もやしのひげをとった時のエピソードを交えユーモアもたっぷり入ったスピーチでした。

2番目のスピーチはNさんで「技術のミカタ」というタイトルで、インタビュー形式で技術士の資格を取った時のエピソード、技術士として技術士会の委員としてどういう仕事をしているかのスピーチで、若い人に技術士になってもらって成長の波に乗ってももらいたいという言葉で締めくくられました。

3番目のスピーチはゲストで参加された三島TMCのSさんがしてくださいました。
「触れて、感じて、気がついて」というタイトルで、犬が苦手なのにホームステイ先にアメリカン・コッカー・スパニエルという犬がいて、その犬と触れ合うエピソードでした。
パワハラならぬ犬ハラ、犬が猫かぶってるだけだよ、怖いが大丈夫に変わり、可愛いに変わった、犬本来の魅力に気がついた、一度も犬に噛まれたことがないが犬を思い込みで怖いと思っていた、といった言葉のインパクトだけでなくSさんの心境の変化がとてもあらわれたスピーチでした。

4番目スピーチは鹿児島TMCから参加されたCさんがしてくださいました。
「ハゼからのメッセージ」というスピーチでマネジメントに関しての勉強で普段人前で話していないのに発表をしなければいけない、どういう風にしていけばいいんだといった心境がつづられたスピーチでした。
顔がハゼに似ている上司から「まあ、サラリーマンなんてのは何かあっても命まではとられねぇからな」と腕組みをして、まるでその上司がその場でしゃべっているような感じで話されたところなど印象に残ったスピーチでした。

今回論評には松本TMCのHさんも参加され、つくば和語トーストマスターズ以外の方からの論評が聞けてとても楽しい例会になりました。

次回例会は オンライン 8月6日 (土) 16:00 ~ 18:00 です。

第279回例会, 新役員就任式 令和4年7月2日(土)

17:00-19:15

2022年7月2日(土) 例会

ゲストはつくば和語トーストマスターズクラブ2回目の見学となるIさん、神楽坂TMCからHさん、エリアダイレクターのSさんが参加されました。

最初にエリアダイレクターのSさんの進行で役員就任式が執り行われました。
旧役員へのねぎらいの言葉から始まり新役員の専任と宣誓
前会長Nさんのスピーチから新会長Zさんの開会の宣言を経て新旧役員がバトンタッチしました。
新会長Zさんよりスローガンの提案と全会員の賛成により、本年度のつくば和語トーストマスターズクラブのスローガンは「初心にかえる」となりました。

文法係のRさんが選んだのは
今日の言葉「~の保養」、今日の四字熟語「 一味同心」
一味同心は同じ目的をもって集まり、心を一つにすること。 また、その仲間という意味です。

テーブルトピックスでのNさんのお題は
「お店屋さんの思い出と自分ならどういうお店の名前をつけるか」でした。
ゲストの3名もスピーチに参加され、とても面白いお話が聞けました。

スピーチの部は通常例会より少ない2名の予定したが、なんと、ゲストのSさんが飛び入りでスピーチをしてくださいました。
Sさんありがとうございます😊

1番目のスピーチはZさんによる「ノーマルに戻ろう!」
つくば和語トーストマスターズクラブをどのような形式で運営するか、ZOOMでのオンラインと小野川でのオンサイトのハイブリットにしてはとの提案👍
アフターコロナの今、我々のクラブも例会をどうしていくのかというスピーチでした。

2番目のスピーチはKさんによる「我が家のアルゴリズム」
「問題解決のための「アルゴリズム×数学」が基礎からしっかり身につく本」の紹介をされ、ご自身の家庭の家事分担などをどうしていったかというスピーチ
自分に何かあったときパートナー困らないようにと今の社会問題をからめた面白いスピーチでした。

3番目のスピーチはSさんによる「名前にこだわろう」
このスピーチのプログラムはアイスブレーカーと言ってトーストマスターズで最初にする自己紹介のスピーチでした。
「自分の名前は好きですか?」と問いかけからはじまり、「自己紹介のときに名前を徹底的に売り込むのは希望を売り込むのと同じ」というなかなかインパクトのあるスピーチでした。

スピーチの後、論評というセッションがあります。

論評といっても堅苦しいものではなく、スピーチの良かった点や改善した方が良い点など気づいたことを教えてもらえるセッションになります。
つくば和語トーストマスターズの論評は改善点だけではなく、良かった点もたくさん教えてもらえるので会社や学校などでプレゼンをする際にも論評でもらったアドバイスが役立ちます。

次回例会は オンライン 7月16日 (土) 17:00 ~ 19:00 です。

第102回(H26.9.20)例会報告

9月20日、つくば和語トーストマスターズクラブ第102回例会が開催されました。

いつもなら、このブログではそこでのスピーチ内容を詳しくまとめるところですが、たまには、

「このクラブってどんなことしてるんだろう?」

と興味を持ってくださっている外部の方のために、我がクラブの活動内容を紹介したいと思います。

かく言う僕も、ここのホームページを見て、クラブを知った経緯があるのです(^^)v。

「上がり症をなんとかしたい・・・」

「とにかく逃げずに立ち向かわないと・・・」

入会前、僕は日々、そんな悩みを抱えていました。

クラブのホームページを目にしてから数か月迷った末、思い切って飛び込みました。

 

本当はとても和気藹々のクラブだったのに、入会時の僕は緊張でガチガチな気持ちでいました。

僕の様に、自分のスピーチのこと、上がり症のことなどで悩んでいる方がいたら、是非一度、我がクラブの例会を見に来てください!

そんな「想い」を込めて・・・

 

今日は「準備スピーチ」についてご紹介。

 

例会では、毎回3~4人程度のメンバーが「準備スピーチ」なるものを行います。

そして、それに対して他のメンバーがコメントしたり、スピーチ時間を計測したり、余計な言葉がないかチェックしたり(^_^;)・・・多方面から他人のスピーチを観察し、学び、自分のスピーチにフィードバックするチャンスがあります。

それが自分のスピーチのブラッシュアップにも繋がる・・・そんな場が準備スピーチ。

 

今回の例会も、3人の方が準備スピーチを行いました。

「厳しい父親」

「女っぽくなってしまった私」

「はじまりはいつも冷たく」。

テーマも、バラエティに富んでますね!

厳しい父親の思わぬ姿を語ったり、自分の声色についての経験談を語ったり、物を他人にセールスするためのスピーチを実践してみたり・・・。

それぞれが「ふんふん・・・」と聞き入る内容。

 

でも、これらはただ思いついたネタを思いつくままに話しているのではありません。

その裏には、

「ボディランゲージ」を意識したスピーチ

「声を豊かに表現する」スピーチ

「特色を打ち出した」スピーチ

など、スピーチ向上に必要なステップアップを図るための明確な目標が求められています。

 

「目指すべきレベルを意識して」

「人前で話す」

「他のメンバーからいろんな意見をもらう」

「自分も他のメンバーにコメントするために一生懸命に他人のスピーチを聞こうとする」

 

準備スピーチだけでも、いろんな効能(笑)があるんです。

興味のある方、是非一度我がクラブにお立ち寄りください。

 

今後も、普段のブログ形式に加えて、時折クラブの活動内容を紹介していきたいと思います。

 

コミュニケーション能力もアップ

トーストマスターズでスピーチの練習をしていると実は会話(コミュニケーション)もスムーズに行うことができるようになります。

会話ならいつもスムーズにしているので大丈夫、人前で話すわけではないのだから。と思いがちです。では、会話をするときに人の話をきちんと聞いているでしょうか?自分の話を早くしたくて、相手の話をさえぎってしまったり、きちんと聞かずに自分よがりに話して、全然、かみあっていなかったりなんてことはないでしょうか。

ある日の例会風景
10分休みの一息お茶会です。
コミュニケーションとはお互いに一つの話題を共有し合うものです。相手の話を思いやりをもって聞き、それに対して自分の共有できるものとそうでない部分を話すことですが、そんな風にできていますか?

トーストマスターズの例会では論評の係があります。人のスピーチを集中して聞き、何を表現したかったのか。などと、考え、良かった部分とそうでない部分を後で、発表します(フィードバック)。このような訓練は普通の生活の中にはなかなかありません。

ある日の例会風景

因みにこの係になった時「あっぱれ!」の賞をもらえなくても自然といろいろなことが自分の力となっていますので、実社会でコミュニケーションをとるような場面で役に立ちます。

友人、恋人同士でもチグハグな会話では、楽しいわけがありませんよね。(余談)

初対面の方ともスムーズに話ができますか?

楽しんで行っている訓練の場をご覧ください。見学自由です。

10月2日(土)は例会です

今度の土曜日10月2日は次回例会です。

もう、準備スピーチ担当の方はスピーチの準備の方が
できていますでしょうか?

ある日の例会風景

担当は順番にみなさんに回るようになっています。

準備スピーチに当たっていない方には即興スピーチをしていただいたり、司会や論評をする係など、いろいろの係ができるようになっています。どれも担当になるとなかなか面白かったり、難しかったり見た目とは違っているのに驚かされます。そんな風に一ケ月に一度スピーチの練習をしています。

担当の方は例会の一週間前ともなると頑張って自己練習します。自分のスピーチを少しでも上手に見せたいと思うと結構必死になるものです。そんな時間ってなかなか一人ではできません。前向きで楽しい仲間が応援してくれると思うと頑張れます。クラブの雰囲気が大変あたたかいです。

さて、7分ほどで作ったマイ ストーリーはこうして例会で発表されます。発表した方はあの時、こうすればよかった~ とかああすればよかった~などといろいろ考えます。それでも、その時に作ったストーリーは大切な作品です。

是非、そんなストーリーを聞きにいらっしゃいませんか?見学自由です。

次回は

  • 10月2日(土) pm.5時15分~ 7時10分
  • 小野川公民館

例会の後は時々2次会に

まだまだ暑いですね。9月の例会のプログラムが届きました。また、楽しくなりそうですね。今回は入会されたばかりの方のアイスブレイクがありますね。秋になって、ゆっくりスピーチの内容を考えたりお話をじっくり聞いてみたりしたいです。

ある日の例会風景

人前で話す訓練を始めてみませんか?あたたかい、笑顔の絶えないサークルです。次回もすでに見学者のご参加希望がきています。

第34回例会の後は夕食をしながらの2次会がありました。これは自由参加ですが、いろいろな話ができて楽しいです。食事して楽しく談話するのもいいのですが、それだけでは…

ある日の例会 親睦会

そこで、1分間スピーチです。しりとりのように順番に質問を出して、即興スピーチをします。自分の話したいことを1分で話せますか?人前で上手に自分の言葉で話ができたらいいですね。

次回は

  • 9月4日(土) pm.5時半~ 7時位
  • 小野川公民館