第102回(H26.9.20)例会報告

9月20日、つくば和語トーストマスターズクラブ第102回例会が開催されました。

いつもなら、このブログではそこでのスピーチ内容を詳しくまとめるところですが、たまには、

「このクラブってどんなことしてるんだろう?」

と興味を持ってくださっている外部の方のために、我がクラブの活動内容を紹介したいと思います。

かく言う僕も、ここのホームページを見て、クラブを知った経緯があるのです(^^)v。

「上がり症をなんとかしたい・・・」

「とにかく逃げずに立ち向かわないと・・・」

入会前、僕は日々、そんな悩みを抱えていました。

クラブのホームページを目にしてから数か月迷った末、思い切って飛び込みました。

 

本当はとても和気藹々のクラブだったのに、入会時の僕は緊張でガチガチな気持ちでいました。

僕の様に、自分のスピーチのこと、上がり症のことなどで悩んでいる方がいたら、是非一度、我がクラブの例会を見に来てください!

そんな「想い」を込めて・・・

 

今日は「準備スピーチ」についてご紹介。

 

例会では、毎回3~4人程度のメンバーが「準備スピーチ」なるものを行います。

そして、それに対して他のメンバーがコメントしたり、スピーチ時間を計測したり、余計な言葉がないかチェックしたり(^_^;)・・・多方面から他人のスピーチを観察し、学び、自分のスピーチにフィードバックするチャンスがあります。

それが自分のスピーチのブラッシュアップにも繋がる・・・そんな場が準備スピーチ。

 

今回の例会も、3人の方が準備スピーチを行いました。

「厳しい父親」

「女っぽくなってしまった私」

「はじまりはいつも冷たく」。

テーマも、バラエティに富んでますね!

厳しい父親の思わぬ姿を語ったり、自分の声色についての経験談を語ったり、物を他人にセールスするためのスピーチを実践してみたり・・・。

それぞれが「ふんふん・・・」と聞き入る内容。

 

でも、これらはただ思いついたネタを思いつくままに話しているのではありません。

その裏には、

「ボディランゲージ」を意識したスピーチ

「声を豊かに表現する」スピーチ

「特色を打ち出した」スピーチ

など、スピーチ向上に必要なステップアップを図るための明確な目標が求められています。

 

「目指すべきレベルを意識して」

「人前で話す」

「他のメンバーからいろんな意見をもらう」

「自分も他のメンバーにコメントするために一生懸命に他人のスピーチを聞こうとする」

 

準備スピーチだけでも、いろんな効能(笑)があるんです。

興味のある方、是非一度我がクラブにお立ち寄りください。

 

今後も、普段のブログ形式に加えて、時折クラブの活動内容を紹介していきたいと思います。

 

コミュニケーション能力もアップ

トーストマスターズでスピーチの練習をしていると実は会話(コミュニケーション)もスムーズに行うことができるようになります。

会話ならいつもスムーズにしているので大丈夫、人前で話すわけではないのだから。と思いがちです。では、会話をするときに人の話をきちんと聞いているでしょうか?自分の話を早くしたくて、相手の話をさえぎってしまったり、きちんと聞かずに自分よがりに話して、全然、かみあっていなかったりなんてことはないでしょうか。

ある日の例会風景
10分休みの一息お茶会です。
コミュニケーションとはお互いに一つの話題を共有し合うものです。相手の話を思いやりをもって聞き、それに対して自分の共有できるものとそうでない部分を話すことですが、そんな風にできていますか?

トーストマスターズの例会では論評の係があります。人のスピーチを集中して聞き、何を表現したかったのか。などと、考え、良かった部分とそうでない部分を後で、発表します(フィードバック)。このような訓練は普通の生活の中にはなかなかありません。

ある日の例会風景

因みにこの係になった時「あっぱれ!」の賞をもらえなくても自然といろいろなことが自分の力となっていますので、実社会でコミュニケーションをとるような場面で役に立ちます。

友人、恋人同士でもチグハグな会話では、楽しいわけがありませんよね。(余談)

初対面の方ともスムーズに話ができますか?

楽しんで行っている訓練の場をご覧ください。見学自由です。

10月2日(土)は例会です

今度の土曜日10月2日は次回例会です。

もう、準備スピーチ担当の方はスピーチの準備の方が
できていますでしょうか?

ある日の例会風景

担当は順番にみなさんに回るようになっています。

準備スピーチに当たっていない方には即興スピーチをしていただいたり、司会や論評をする係など、いろいろの係ができるようになっています。どれも担当になるとなかなか面白かったり、難しかったり見た目とは違っているのに驚かされます。そんな風に一ケ月に一度スピーチの練習をしています。

担当の方は例会の一週間前ともなると頑張って自己練習します。自分のスピーチを少しでも上手に見せたいと思うと結構必死になるものです。そんな時間ってなかなか一人ではできません。前向きで楽しい仲間が応援してくれると思うと頑張れます。クラブの雰囲気が大変あたたかいです。

さて、7分ほどで作ったマイ ストーリーはこうして例会で発表されます。発表した方はあの時、こうすればよかった~ とかああすればよかった~などといろいろ考えます。それでも、その時に作ったストーリーは大切な作品です。

是非、そんなストーリーを聞きにいらっしゃいませんか?見学自由です。

次回は

  • 10月2日(土) pm.5時15分~ 7時10分
  • 小野川公民館

例会の後は時々2次会に

まだまだ暑いですね。9月の例会のプログラムが届きました。また、楽しくなりそうですね。今回は入会されたばかりの方のアイスブレイクがありますね。秋になって、ゆっくりスピーチの内容を考えたりお話をじっくり聞いてみたりしたいです。

ある日の例会風景

人前で話す訓練を始めてみませんか?あたたかい、笑顔の絶えないサークルです。次回もすでに見学者のご参加希望がきています。

第34回例会の後は夕食をしながらの2次会がありました。これは自由参加ですが、いろいろな話ができて楽しいです。食事して楽しく談話するのもいいのですが、それだけでは…

ある日の例会 親睦会

そこで、1分間スピーチです。しりとりのように順番に質問を出して、即興スピーチをします。自分の話したいことを1分で話せますか?人前で上手に自分の言葉で話ができたらいいですね。

次回は

  • 9月4日(土) pm.5時半~ 7時位
  • 小野川公民館

 

初スピーチ(アイスブレイク)とは

こんばんは。まだまだ、暑いですが「まつりつくば」も終わり、いよいよ秋が
やってきます。

トーストマスターズの例会も4日(土)に控えています。準備スピーチの方々(順番でスピーチを考える担当の方)もそろそろ、調整できているでしょうか。

第34回例会風景

即興スピーチの質問を考える係も、今何の質問をどのような方に当てるか、そして、楽しく流れるようにすすめられるか考え中です。

例会の日はもう少し涼しくなってほしいですね。人前で話すのはそれなくても気分的に熱くなっていますので。特に今回は新入会の方があつ~く発表されると思いますし。

ところでその初スピーチのことをアイスブレークといいます。これは、初スピーチをされる方と聴衆との間にある冷たい空気を打ち砕くという意味で、自分というものを言葉と声を使って、みなさんに発表する場です。初ですので、当然不安だったり、心配だったりしますが、大丈夫です。聴くみなさんも、そのような道を通ってきていますので、あたたかく良心的に見守るでしょう。そして、次回はこんな風にした方がとか、こういう方が楽かもとか教えてもらえるでしょうし、当然、上手なところはたくさん賞賛されるでしょう。それを励みに、また、上達を志すといいですよね。

自分を見てくれる仲間がいるというのは嬉しいものです。前よりずっと上手になっているよ。とか、苦手意識がなくなったね。などと、冷静にいろいろ見ています。スピーチは人間の前で話して聞いてもらって、初めて成り立ちますので一人だけの練習では勉強になりません。

第34回例会 司会者と優秀者
前回、投票で優秀だった方々です。

今度はどうなるでしょう。楽しみです。是非、スピーチを聞きにいらしてください。 どれも一生懸命考えたすてきなお話ですよ。

次回は

  • 9月4日(土) pm.5時半~ 7時位
  • 小野川公民館

テーブルトピック(とっさのスピーチ)スピーチ

テーブルトピックってなんでしょう。

毎回プログラムの中にこの時間を設けています。これは、とっさの質問に対して話(即興スピーチ)をするというもので、どんな質問を投げかけられても、3分位で自分の考えをまとめて話すという訓練です。

よく、TVのニュース番組など、街頭で問いかけに答えていらっしゃる方がいます。そういう時は
一言二言で考えを言えばいいのですが、3分間と言いますとそういうわけにはいきません。

例えば、面接試験とかプレゼンに対する意外な質問にお答えする時などはしっかりした意見をまとめて瞬時に話すことを要求されます。日常の会話の中ではなかなか練習できるものでは
ありません。

そこで、どんな質問にも(自分とまったく関係のない内容でも)答えられる練習が、大変ドキドキはしますが身に付くと、実社会で、役に立ちます。

難しい話になりましたが、実際は楽しんでやっています。失敗しても演習の場ですので問題ありません。 自分らしいユーモアをプラスされる方の話に感心したりおもしろい体験を話される方の話に聞き入ったりします。(考えがまとまらないで終わってしまう場合もあります。いい勉強になります。)

前回の例会では質問を考える方(テーブルトピックマスターといいます。)が、夏のいろいろを質問にされて答える方々を楽しませてくれました。「今年は大変、暑い夏になりましたが、あなたが一番思い出になったことはなんですか?〇〇さん、」

そして、質問の内容はだんだん盛り上がり、最後はやはり忘れてはいけない戦争の話となりました。気軽で身近な質問から重みのある話題まで、ただ見学だけされていらっしゃる方も楽しめたものでした。

また、質問を考える(テーブルトピックマスター)の当番も勉強になります。タイムリーな内容の質問をどのように投げかけてみなさんに答えてもらうか、どういう方に投げかけようかなど準備が必要です。 (簡単な質問ばかりでは面白くないですので)
この担当になられた方に他のクラブの分かりやすいページを見つけました。

ある日の例会休憩時間
10分 休憩お茶会の様子です

是非、様子をご覧にいらしてください。
笑い声と真剣な眼差しのあるサークルです。

次回は

  • 9月4日(土) pm.5時半~ 7時位
  • 小野川公民館

例会の途中10分間のお茶会

つくば和語トーストマスターズクラブではスピーチ・プレゼンの練習だけでなく、コミュニケーションがスムーズにできるような練習もしています。

ある日の例会風景

準備スピーチをじっくり聞いたあとは少し休憩です。10分間、お茶やお菓子を食べながらお話をします。

ある日の例会風景 休憩時間
お茶会の様子、横にお茶とお菓子があります

「さっきのスピーチおもしろかったけど、あれは~~~」 とか「すばらしいスピーチだけどどのように考えたの?」とかゲストの方に「どのようにしてこのクラブを見つけたの?楽しいですか?」とか「そのお洋服はどこで買ったの?」などと話すことはたくさんあります。

でも10分です。このクラブでは時間がしっかりスケジュール通りに運びます。だらだらやらないところがいいところです。

そして、希望者だけの2次会もありますので、そちらでまたお話しします。

次回は

  • 9月4日(土) pm.5時半~ 7時位
  • 小野川公民館

「アイスブレイク」って何?

「アイスブレイク」とういう言葉、ご存知ですか?実は私はこの{つくば和語トーストマスターズ}の例会で初めてのスピーチをする時に知りました。

言葉の直訳としては入会された方が自分とメンバー達との間にある氷のような冷たい空気を打ち砕いて距離を縮めるという感じです。自分のことをスピーチによって表現し理解してもらうというものです。

自分のことってなかなか話しにくいですよね。

でも、思い切って話そうと思うと、話したいことが山ほど出てきてしまいます。

○○な人との出会いが今の自分に~~
結婚したら人生がこんな風に~~
○○の仕事に付いたから~~
小さいころは○○だった~~
私は一見こんな風に見えますが~~
私の趣味は○○で~~~

など、きりがありません。そこで、少しまとめて準備して、いざスピーチです。

ある日の例会風景

メンバーも早く親しくなりたいと思っていますので真剣に聞きます。 自己紹介とは少し違う感じの「アイスブレイク」ってなかなかいいものですよ。

話してみたくなりませんか?

つくば和語トーストマスターズクラブを見学してみてはいかがでしょう。

次回は

  • 5月8日(土) PM.5時半~ 7時10分位(10分休みお茶会があります。)
  • つくば市小野川公民館 国道354 谷田部に向かって「小野川小入口」を右折すぐ、左側の道を行き、すぐを左折です。

「え~とカウンター」って何?

つくば和語トーストマスターズのミーティングではスピーカーが上手になるように、、そのスピーチを聞く側の方々で、いろいろな工夫をしています。

よく、人前で話をするときに 「え~と」とか「え~」「あの~」ひどくなると、「え~とですね。」なんて、話の内容に必要のない、または、耳障りな言葉が出てしまいがちです。 そこで、カウントする係を置きます。

ある日の例会風景

人前で緊張して話していると自分では気がつかないうちに発していることがあるからです。

客観的に数えてくれる係がいると助かります。

そして、だんだん、慣れてくると注意をするようになり自然と不必要な言葉がなくなっていくのがうれしいです。

準備していくスピーチでは練習をしていきますのであまり出ませんが、即興スピーチとか、論評などではついつい、次の話を考えながら話しますので、「え~」などと発してしまいます。

「え~とカウンター」係は意地悪でしているわけではなくスピーカーのために一生懸命お互い様という感じで数えるのです。

スピーチにもテクニックがいるわけです。少しでもきれいな話し方をしたいですよね。

是非、見学にいらしてください。(ブログでは楽しさを伝えきれませんので)

  • 3月6日(土) PM.5時半~ 7時すぎ位
  • つくば市小野川公民館 国道354 谷田部に向かって「小野川小入口」を右折すぐ、左側の道を行き、すぐを左折です。

即興スピーチの練習

今日は例会の時に行われる即興スピーチがどのようにされるのかご紹介します。

第27回例会風景

家で考えていく5~7分の準備スピーチの前にテーブルトピックスピーチという時間があります。

その日、質問を考えて発表する当番がすでに決まっていて、その方が、いろいろな投げかけをします。(その当番になった方は季節感のあることとか、新聞を賑わせたことと、地域ならではのことなどの質問を用意してきます。)

質問に対して、すぐに2分ほどで答えます。たぶん、一言、二言は話せるでしょう。でも、上手に話そうと思うとなかなか難しいですよね。

質問によっては苦手な分野も出てきます。そこで、例会前にはいろいろなものに興味を持つようにしています。普段読まない新聞の欄とか本etc.いつもそうすればいいのですが。

上手な方のスピーチを聞くと参考になります。月に一回の例会ですが、意識が変わると普段にも良い影響がでているようです。

変わると言えば、「え~とカウンター」というものがあります。スピーチの時に不必要な言葉、「え~と」 とか、「え~」とか、ついつい言ってしまいがちですが、それを数えるその日の担当がやはり決まっています。

数えられていると思うと言いたくなっても堪えることができるようになっていきます。日常でも生かされるようですよ。

きれいな言葉で筋道だって話せるようになるといいですよね。

ところで、準備してくるスピーチ(5分~7分)が次回は3つあります。そろそろ、題名(タイトル)が決まってきているようです。

1番目のスピーチは 「ながら族のすすめ」 だそうです。どんなお話が聞けるのでしょう。楽しみですね。

見学できますので、是非、見にいらしてください。

次回の例会は

  • 2月6日(土) 5時半~7時ごろ
  • つくば市小野川公民館
  • 見学は自由です。 (今回の見学者 3名予定しています。)