第281回例会 令和4年8月6日(土)

16:00-18:00

2022年8月6日(土) 例会

今日のゲストは西宮TMCからMさん、筑波TMCのMさんと最近よくゲスト参加していただいている神楽坂TMCのHさんでした。

本日の四字熟語は「櫛風沐雨(しっぷうもくう)」風雨にさらされながら、苦労して働くこと。また、世の中のさまざまな辛苦にさらされることのたとえ。

今日の言葉は「ほめる」で例会が始まりました。

Kさんによるテーブルトピックは夏に関することでした。

避暑地、行ってみたいところというお題に対し、神楽坂TMCのHさんの締めの言葉が「旅行に行く前に妄想する、妄想族だ」という面白いスピーチでした。

8/5はパピコの日でアイスにまつわる話というお題に対してKさんが小豆が大好きで小豆バーを買っていたが、最近あずきモナカに浮気をしてそれ以来ずきモナカにハマっているスピーチ

この時期に食べたい、よく食べているフルーツというお題でRさんが台湾の美味しいマンゴーのスピーチでかき氷にしてもおいしいといったプチ情報が混ざったスピーチでした。

1番目のスピーチはOさんの「愛国心は何処へ」で経済的な目線から映画の興行収入、youtube再生回数などを盛り込んで海外にでると日本の良さがわかるといった内容で締めくくったスピーチでした。

2番目のスピーチはTさんの「(仮)必要なことはトーストマスターに聞け」で山の会のトラブルからその立て直しまでのエピソードでした。
トーストマスターズのようなマニュアルや少数の役員で会を進められるところなどを交え「必要なことはトーストマスターに聞け」という内容で締めくくったスピーチでした。

3番目のスピーチは筑波TMCのMさんの「頭がこんがらがるアジリティ」で一般的なアジリティは状況に合わせて経営を機敏に変えるですが、今回はドックスポーツの方でした。
アジリティの紹介から始めり、「アジリティはドックスポーツというが人間のスポーツ」である、また「段取り力」という内容で締めくくったスピーチでした。

論評ではゲストの西宮TMCのMさんも参加されほかのトーストマスターズの方からの論評が聞けるとてもいい機会でした。

次回例会は オンライン 8月21日 (土) 17:15 ~ 19:15 です。

広告

第280回例会 令和4年7月16日(土)

17:00-19:15

2022年7月16日(土) 例会

今回のゲストは 鹿児島TMCからCさん、三島TMCからSさん、松本TMCからHさんが参加してくださいました。
他のTMCからゲスト参加して交流ができるもの今回のゲストは 鹿児島TMCからTさん、三島TMCからSさん、松本TMCからHさんが参加してくださいました。
他のTMCからゲスト参加して交流ができるのも、つくば和語トーストマスターズ醍醐味です。

テーブルトピックスはMさんで「夏の話」
特に印象的だったのがHさんのみんな長野は軽井沢のイメージで涼しいと思っているが、Hさんの住んでいるところは暑い、Sさんの学生時代バレー部なのに日に焼けていた方が強いという顧問がいた、Zさんのベトナムの夏は日本より涼しいというエピソードです。

1番目のスピーチはKさんの「心の知能について」というタイトルでネガティブな出来事も心の知能を使うことでポジティブなことへ変えることができるという内容を料理の際に、もやしのひげをとった時のエピソードを交えユーモアもたっぷり入ったスピーチでした。

2番目のスピーチはNさんで「技術のミカタ」というタイトルで、インタビュー形式で技術士の資格を取った時のエピソード、技術士として技術士会の委員としてどういう仕事をしているかのスピーチで、若い人に技術士になってもらって成長の波に乗ってももらいたいという言葉で締めくくられました。

3番目のスピーチはゲストで参加された三島TMCのSさんがしてくださいました。
「触れて、感じて、気がついて」というタイトルで、犬が苦手なのにホームステイ先にアメリカン・コッカー・スパニエルという犬がいて、その犬と触れ合うエピソードでした。
パワハラならぬ犬ハラ、犬が猫かぶってるだけだよ、怖いが大丈夫に変わり、可愛いに変わった、犬本来の魅力に気がついた、一度も犬に噛まれたことがないが犬を思い込みで怖いと思っていた、といった言葉のインパクトだけでなくSさんの心境の変化がとてもあらわれたスピーチでした。

4番目スピーチは鹿児島TMCから参加されたCさんがしてくださいました。
「ハゼからのメッセージ」というスピーチでマネジメントに関しての勉強で普段人前で話していないのに発表をしなければいけない、どういう風にしていけばいいんだといった心境がつづられたスピーチでした。
顔がハゼに似ている上司から「まあ、サラリーマンなんてのは何かあっても命まではとられねぇからな」と腕組みをして、まるでその上司がその場でしゃべっているような感じで話されたところなど印象に残ったスピーチでした。

今回論評には松本TMCのHさんも参加され、つくば和語トーストマスターズ以外の方からの論評が聞けてとても楽しい例会になりました。

次回例会は オンライン 8月6日 (土) 16:00 ~ 18:00 です。

第279回例会, 新役員就任式 令和4年7月2日(土)

17:00-19:15

2022年7月2日(土) 例会

ゲストはつくば和語トーストマスターズクラブ2回目の見学となるIさん、神楽坂TMCからHさん、エリアダイレクターのSさんが参加されました。

最初にエリアダイレクターのSさんの進行で役員就任式が執り行われました。
旧役員へのねぎらいの言葉から始まり新役員の専任と宣誓
前会長Nさんのスピーチから新会長Zさんの開会の宣言を経て新旧役員がバトンタッチしました。
新会長Zさんよりスローガンの提案と全会員の賛成により、本年度のつくば和語トーストマスターズクラブのスローガンは「初心にかえる」となりました。

文法係のRさんが選んだのは
今日の言葉「~の保養」、今日の四字熟語「 一味同心」
一味同心は同じ目的をもって集まり、心を一つにすること。 また、その仲間という意味です。

テーブルトピックスでのNさんのお題は
「お店屋さんの思い出と自分ならどういうお店の名前をつけるか」でした。
ゲストの3名もスピーチに参加され、とても面白いお話が聞けました。

スピーチの部は通常例会より少ない2名の予定したが、なんと、ゲストのSさんが飛び入りでスピーチをしてくださいました。
Sさんありがとうございます😊

1番目のスピーチはZさんによる「ノーマルに戻ろう!」
つくば和語トーストマスターズクラブをどのような形式で運営するか、ZOOMでのオンラインと小野川でのオンサイトのハイブリットにしてはとの提案👍
アフターコロナの今、我々のクラブも例会をどうしていくのかというスピーチでした。

2番目のスピーチはKさんによる「我が家のアルゴリズム」
「問題解決のための「アルゴリズム×数学」が基礎からしっかり身につく本」の紹介をされ、ご自身の家庭の家事分担などをどうしていったかというスピーチ
自分に何かあったときパートナー困らないようにと今の社会問題をからめた面白いスピーチでした。

3番目のスピーチはSさんによる「名前にこだわろう」
このスピーチのプログラムはアイスブレーカーと言ってトーストマスターズで最初にする自己紹介のスピーチでした。
「自分の名前は好きですか?」と問いかけからはじまり、「自己紹介のときに名前を徹底的に売り込むのは希望を売り込むのと同じ」というなかなかインパクトのあるスピーチでした。

スピーチの後、論評というセッションがあります。

論評といっても堅苦しいものではなく、スピーチの良かった点や改善した方が良い点など気づいたことを教えてもらえるセッションになります。
つくば和語トーストマスターズの論評は改善点だけではなく、良かった点もたくさん教えてもらえるので会社や学校などでプレゼンをする際にも論評でもらったアドバイスが役立ちます。

次回例会は オンライン 7月16日 (土) 17:00 ~ 19:00 です。